2021.08.03 コラム

リサイクルトナーを選ぶ際に価格だけで選んでいませんか?コストダウンを目的とするあまり、ついつい価格やお得感だけに注目しがちになりますね。純正品であれば、どこから買っても必ず純正品が届くのに対し、リサイクルトナーは製造者だけでも日本国内に数十社ありますから、海外メーカーまで含めると、実にたくさんの選択肢があるのです。価格やお得感だけで選んでしまうと、選んではいけないトナーを買ってしまうなんてことも。そこでリサイクルトナーを選ぶポイントをメーカー別にご紹介して参ります。今回は富士ゼロックス社(現富士フィルムビジネスイノベーション)です。

目次

  1. 富士ゼロックス社のプリンターの特徴
  2. ”分離型”が多い富士ゼロックス社のカートリッジ
  3. まとめ

富士ゼロックス社のプリンタの特徴

非常に信頼性の高いプリンターや複合機を販売している会社です。カラープリンターは色合いもよく、プリンター全般的に故障も少ないため、印刷会社などのプロにも選ばれるメーカーの一つです。この会社の商品は、基本的にメンテナンスを定期的に行うことで安心して使える設計になっていることが特徴です。これはリサイクルトナーを使っていくうえでも非常に重要で、ある程度のメンテナンスができる会社からトナーを購入することが安心してリサイクルトナーを使う秘訣になると思われます。

”分離型”が多い富士ゼロックス社のカートリッジ

このメーカーのカートリッジは、その多くが”分離型”と言われる形式のカートリッジになります。

一般的に、消耗品であるカートリッジは、トナーパウダーが充てんされている”トナーホッパー”と感光体ドラムが取り付けられている”ウエストホッパー”にパーツが分かれています。それぞれ分離して”トナーカートリッジ”、”ドラムカートリッジ”と別々に販売されているのが”分離型”、一方、”トナーホッパー”と”ウエストホッパー”が一体になって”ドラム/トナーカートリッジ”と呼ばれているのが”一体型”になります。

”分離型”は”トナーホッパー”、つまりトナーカートリッジが単なる筒に過ぎないため、カートリッジの性能は、充てんされているトナーパウダーの品質にすべて左右されるということです。安いパウダーが入っていれば粗悪な性能ですし、純正品と同じ「重合法」と言われる製法で作ったパウダーが入っているカートリッジは、価格も高めですが性能が高くなります。さらに言えば、プリンターの内部でトナーパウダーが混ざり合う仕組みになっているので、純正トナーと混ざった時にどのような印刷性能になるのかや、それまで使っていたリサイクルトナーから切り替えるときに、以前のリサイクルトナーのパウダーと新しいリサイクルトナーのパウダーが混ざったらどのような結果になるのかもよく確認しておく必要があります。リサイクルトナーの調達先を変更したい場合は、一度純正品に戻してから切り替えるのが安心かもしれません。

このようなわけで、良い品質のリサイクルトナーを入手したい場合は、純正品と比較してどのような性能のトナーパウダーが充てんされているのかを販売会社によく確認することが大切です。少し高いと思えても、しっかりとした説明を受けることができる会社から購入するのが安心でしょう。

ドラムカートリッジについては、純正品と同じ耐久性を持つリサイクルドラムカートリッジの製造は、使用する部品性能の関係で不可能な場合も多いことから、ドラムカートリッジについては純正品を選んで使うのが最も安心な使い方かもしれません。

まとめ

いかがでしたか? 構造まで考えてみると、値段だけでは選んでいけない理由がよく分かりますね。メンテナンスをキチンと行うことで安心して使える構造のプリンターですから、純正品のように品質が高いリサイクルトナーを選んで、更に可能であれば、ある程度のメンテナンスができる販売者から購入するのが安心です。

Archive過去の記事